羅臼昆布の惣万水産 世界自然遺産・北海道知床羅臼町より天然羅臼昆布を直販

羅臼昆布パウダー

天然羅臼昆布・魚介類・産地直送

羅臼昆布おたべ昆布
羅臼昆布走り昆布 羅臼昆布煮出し昆布
開きたら 羅臼産たらこ 羅臼昆布きざみ昆布 羅臼昆布味付け昆布 羅臼昆布根昆布

羅臼昆布の惣万水産CONTENTS

羅臼昆布の惣万水産美味しいだしの作り方
羅臼昆布の惣万水産羅臼昆布の惣万水産って?
羅臼昆布の惣万水産惣万ニュース

羅臼昆布の惣万水産販売商品一覧
羅臼昆布の惣万水産特定商法取引表記
羅臼昆布の惣万水産FAX注文用紙(PDF)

羅臼昆布の惣万水産お問合せ
羅臼昆布の惣万水産サイトマップ
羅臼昆布の惣万水産ブログ

「なべ物に昆布を」

朝夕、めっきり寒くなりました。
雪がチラチラ降るようになり、タイヤ交換も例年より早めにしました。
 
羅臼は、いか・ほっけ・鮭等、漁模様が悪く、イマイチ、パッとしません。
先日の台風で、奥の昆布浜は今も通行止めです。
 
寒くなると、鍋の出番が多くなります。
鍋つゆに、昆布を一切れ入れると、味が濃くなり、美味しいですよ。
 
ちなみに、台風等の影響で、日常食べる野菜も高騰しており、困ったものです。
 
※HP商品一覧に掲載していないものにつきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

■ご注文・お問合せ・・・羅臼昆布の(有)惣万水産(そうまんすいさん)
〒086-1841 北海道目梨郡羅臼町八木浜町145の2
[TEL] 0153-88-2208 [FAX] 0153-88-2614


羅臼昆布惣万ニュース
旬の羅臼昆布などの販売情報や新商品情報だけではなく羅臼の四季、出来事など随時掲載しています。是非、ご覧下さい!

手作りの逸品 一口メモ 新商品のご紹介 らうすの四季

羅臼昆布産直
現在の主な販売商品

羅臼昆布「走り昆布 *佃煮 あかね昆布 *醤油いくら
羅臼昆布「お徳用昆布」 *ゆず昆布 *らうすたらこ
羅臼昆布「煮出用昆布」 *開きほっけ一夜干し *らうす明太子
羅臼昆布「きざみ昆布」 *むしりたら *こぶつき明太
羅臼昆布「根昆布」 *ひらきたら *こぶあえ明太
*羅臼昆布「昆布パウダー」 *こまい *バラ明太子
*羅臼昆布「 おたべ昆布」 *うす塩鮭 *塩いくら
*味付昆布 *山漬け鮭 *塩筋子
*羅臼昆布「みみ昆布」 *こまいのひらき *味松葉
*羅臼昆布「カット昆布」    

惣万茂雄

羅臼昆布といえば『惣万水産』店主の惣万茂雄(そうまんしげお)と申します。私の生まれ育った北海道の羅臼町は知床半島の南東側に位置し対岸には近くて遠い国後島(クナシリ)があります。人口7000人程の漁業が主体の小さな町です。北海道の天然昆布・羅臼昆布の産地だからこそ品質の良い安くて、おいしいダシがとれる天然の羅臼昆布「走り昆布」(ハシリコンブ)を提供します。

どうぞ、天然の羅臼昆布を一度使って見て下さい。料理の味が変わります。

羅臼昆布の惣万水産って?


ブログ「こぶや 妻の日々」

お気に入りに入れる
友達に教える

クロネコ探検隊

 


羅臼昆布の特徴

羅臼昆布知床半島羅臼沿岸で採取されたものは羅臼昆布として知られていますが、
別名「オニコンブ」とも呼ばれ、利尻昆布、真昆布と共に「昆布の王様」と言われています。ダシ用の他、塩昆布、そのまま切って食べても美味しい昆布です。 羅臼昆布には天然養殖があり、当店では、天然だけを扱っていましたが、年々昆布を直接ちぎって食べるお客様の声を聞き、食べる昆布として、養殖昆布も扱うようになりました。
天然は後から甘みが出てきますが、養殖は口に入れた時から甘みが出てきます。ダシなら「天然」、食べるなら「養殖」をオススメしています。昆布は黒いものと思われがちですが羅臼昆布には、「黒口」「赤口」があります。
赤口も採れる場所によっては、野菜のような色をした昆布もあり、驚かれるお客様もおられますが、枯れたり、鮮度落ちした物ではありません。りっぱな羅臼昆布です。
お使いいただければ良くわかります。

他の地域にはない羅臼昆布の特徴です。

走り昆布とは?

羅臼昆布走り昆布羅臼昆布にはたくさんの検査規格があって、それぞれに基準と価格が決められています。
その基準の中で「走り」昆布という種類があって、これは、みた目もきれいで、ツヤがあり、香りの良い、美味しいダシがとれます。 魚や野菜にも旬があるように羅臼昆布にもあると私は思います。
採取時期は7月20日前後から8月始めです。採れたての羅臼昆布を走り昆布と思って、出来立てを欲しがるお客さんもおられますが、あまりオススメできません。当店では、9月に入ったら浜の漁師さんから仕入れ、新昆布は半年程、蔵で熟成したのち店頭に出していきます。羅臼昆布は、低温で寝かしたものほど美味しいです。
「囲い」とか「ひねもの」とも言われ、味噌、醤油などと同じだと思います。昔は(私が子供だった頃出来上がり間近の干してある昆布を食べても美味しかったのですが、年々海が汚れて最近では昆布も1枚1枚洗うようになり、美味しい羅臼昆布が少なくなってきました。ですから熟成する事により、昔の味に近づくのではないかと思います。

>>それでは、羅臼昆布で作る美味しいだしの作り方をお教えしましょう!<<

一口メモ昆布や魚卵の保存方法や美味しい食べ方、豆知識は「一口メモ」をご覧下さい!


ブログ販売商品一覧美味しいだしの作り方特定商法取引表記惣万水産って?お問合せ


(C)2004-2012 羅臼昆布の(有)惣万水産 All Rights Reserved

〒086-1841 北海道目梨郡羅臼町八木浜町145の2
TEL: 0153-88-2208 FAX: 0153-88-2614

Powerd By AURENS